相続のご相談は、浜松相続サポートセンターへ

相続税の申告

延納と物納については、こちらをご覧下さい ここでは相続税の申告・納付について詳しく説明します。

相続税は原則、相続の開始を知った日から10ヶ月以内に提出しなければなりません。
申告に必要な書類
延納・物納などの納付方法について以下にまとめています。
どうぞ、参考になさって下さい。

当事務所の相続税申告サポートメニュー

gyousei.PNG souzokuninchosa.PNG
zaisanchosa.PNG zaisanhyoka.PNG
isanbunkatsu.PNG

 

申告・納付

税の申告は、10ヶ月以内に被相続人の死亡時の住所を所轄する税務署に申告書提出しなければなりません。

ここでは、申告の期限内に遺産分割ができていないケース、申告した税額が実際より少なかったケースなど様々なケースのご紹介もしています。

 》詳しくはこちら



申告に必要な書類

申告に必要となる書類は、相続する財産によって様々異なります。
どのような書類が必要になるのかを確認ししてください。
 
》詳しくはこちら


延納と物納

税の納付に関しては、現金で一括して納付することが原則になっています。

しかし相続する財産が大きければ、その分多く課税されることになりますので、多額の税金が支払えない場合は、早めに延納または物納といった方法で納めることも認められています。

延納と物納それぞれ手続きにはどのような条件があるのかを確認してください。

 》詳しくはこちら


無料相談・お問い合わせはこちらをクリックしてください

無料相談・お問合せはこちらをクリックして下さい
 

サポートセンターの詳しい情報はこちら

事務所の詳しい情報はこちら

事務所紹介

アクセスマップ

プライバシーポリシー

無料相談会実施中!

相続まるかわりガイド

トップページへ戻る


是非、私たちの事務所をもっと詳しく知ってください。
きっと皆さんのお役に立たせていただきます。